読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

映画

www.kinenote.com

Netflixで。

冒頭、死者のための高層ビルを地下に作ったら云々という主人公のモノローグを聞いて、土葬する文化だとそういう発想になるのかぁ、とどうでもいいところに感心した。
 
なんとも胸が痛い、というと、『天才スピヴェット』と同じ感想になってしまうが、物語の構造としても似ている。
肉親の死という大きな悲しみ、そして罪悪感を背負った幼い主人公が旅に出る、天路歴程の物語。
そして、多くの人との出会いを通して成長し、やがて苦しみを克服していく。
祖父がであった災厄と父の災厄との連環、そして、最初に会った人が探していた人だったというストーリーが、寓話めいている。
 
主人公の少年はとても賢いけれども、人より鋭敏に生まれついて、だれもが簡単にできることに抵抗を感じてしまう。
言ってみれば、かなり育てにくいタイプの子だ。
両親はそんな息子を理解し、慈しんで育てている。
子供の服装や部屋のようすを見ると、手をかけて育てていることがよくわかる。
とくに父親は、「NYにあったがいまは失われた第6区を探す」というゲームを通じて、少年の社会性が育つよう工夫している。
ゲームだとは言わず、事実を探索しているように装っているが、賢い子だから父親の意図はわかっている。
でもバカにしたりするわけでなく、子供らしく真剣に取り組んでいるようすが、なんともほほえましい。
 
トム・ハンクスのよき父ぶり、よき夫ぶりがとてもいい。
それだけに、失われたときの喪失感の大きさたるや。
そして、だれにも言えない自分だけの秘密を抱えた苦しみを知ると、そうでなくても苦労が多い性質なのに、こんな残酷な運命を与えられるなんて、と見ている方も胸が苦しくなる。
 
「間借り人」への告白、そして、探していた人への告白を通じて、少年が胸の痛みから解放されるエピソードが印象的だ。
別の場面で、自分の来歴をしつこく聞きたがる少年に対して、「間借り人」が "My story is MY story." と言う。
文脈は違うが、自分だけの物語を他人と共有することが、どれだけ大きな力を持つか、ということも、この映画の通奏低音になっている。
 
たいせつな人をとつぜん亡くしたとき、その理不尽さに耐えきれず、怒りのほこさきが身近にいる別のたいせつな人に向かってしまい、いちばん支え合わなければいけないときに関係がぎくしゃくするというのも、よくある話だ。
「お母さんだったらよかったのに」という言葉の、なんと悲しいことか。
 
ニューヨークで、11歳の子供が知らない人を訪ね歩くのを見て、えー、危ないじゃないの? とびっくりするのだが、祖父の出現と母の配慮にうまく回収されるのもいい。
しかし、こっそり子供の先回りだなんて、そんなにうまいこといくのかな? という気もするけどね。
 
「間借り人」役のマックス・フォン・シドーの存在感が、この物語に重みを与えている。
最初に出会う夫婦のヴァイオラデイビスジェフリー・ライトも好演。
 
傷つき悲しんでいる相手に対して、少年が「キスしてもいいですか?」「ハグしましょうか?」というのが、日本にはない習慣だけに、そういう共感の示し方、慰め方もいいなぁ、と思う。
もちろん子供、または同性に限るけどね。
 

ドラマ『ディア・ブラッド』

ドラマ
 
Netflix で。
 
ピンクで描かれていた、かわいい雰囲気のタイトルロゴや、やっぱりピンク背景のスチル画像に騙されて、ラブコメかと思っていたけど、そんな軽い話じゃなかった。
 
ヴァンパイヤものだが、病院内部の権力争い、財閥の後継者問題というありがちなものに加えて、死とはなにか、神とはなにか等等、シリアスな要素がてんこ盛り。
 
ヴァンパイア伝説を、ウィルスによる病気であるとし、それを現代の大病院の中で展開するという設定は、とてもおもしろかった。
 
やってることは金の亡者なんだけど、一見愛情深い人たち、というのも、なかなかリアリティがあった。
 
配役もなかなか豪華で、とくにチ・ジニが珍しく悪役なのがよい。
 
アクションも見応えあったし、なによりよかったのは、特殊メイク。
ヴァンパイヤの造形や、老けメイク、どれもおおげさすぎず、ドラマの雰囲気によく合っていた。
 
しかし、この人たち、どこから資金を得ているのか、そこがまったく説明がないのが、おしい。
ファンタジックな内容であればあるだけ、それ以外のところは現実的に作り込んでおかなければ。
 
主人公が母といっしょにチェジュドの森に隠れ住んで十数年。
数千万単位の金がかかるはず。
 
そして、現在の主人公も豪華な家に住み、同居している弟分が家の中で研究を続けている。
生活費と研究費はどうしてる?
いくら医者だって、ずっと勤め続けてるわけでもなさそうだし、こちらの資金も不明。
 
投資だとか特許だとか賭け事だとか、それを可能にするような特殊能力も作っておかなくては。
 
それと、主人公の相手役のク・ヘソン。
 
ク・ヘソンといえば、ワタシ的にはこれ。
2002年、まだデビュー当時のMVです。
 
 
当時彼女は無名に近く、シギョンとつきあっているというウワサのあったチャン・ナラかと一瞬思った。
 
下の画像は、若き日のチャン・ナラ
似てない?


f:id:Tedoymicorazon:20170321111247p:image

 
いまは知名度でいえば、ク・ヘソンだろうけど、当時はチャン・ナラのほうが、はるかに売れっ子でした。
 
最初のほうのシーンでは、かわいい顔立ちで、がんばってイヤな女を演じてます。
でも、やっぱり無理があるよね。
 
撮影当時は、彼女は30歳。
役の年齢は32,3歳かな。
 
年を取らないヴァンパイヤはいくら若い役者でもかまわないのだが、ここは大人の女性をキャスティングするべきだったのでは。
 
年齢が人間関係の中で重要なタームになっている韓国では、外見と年齢が合わないというのは、かなり問題があるはず。
老けないのがバレないように、長いこと同じ場所にはいられないし、周りの好奇の目も避けられない。
このあたり、『星から来たあなた』では、かなり説得力のある説明をしていたが、そこがすっきり無視されているのが残念。
 
それと、現代の医学や薬学の研究は、あんなに簡単な設備で、スタッフもろくにいないのにできるもんなのかな。
門外漢でよくわからないが、いまの時代に持ってくるのは厳しかったかも。
 
まあ、韓国ドラマでツッコミどころを言えばきりがないんだけどね。
 
このドラマがきっかけで、主演のふたりは結婚したそうだ。
 
 
 
 
 
 

『ボーン・コレクター』

映画

www.kinenote.com

 

Netflix で。

 

最初に書いておくが、原作小説はめっっっちゃおもしろい。

未読の方には、強くお薦めする。
 
 
原作は上下巻の大作なので、映画の尺にすべて収まるわけはない。
当然、ある程度話はしぼられてくる。
また、原作と映画は別物で、原作を再現するために映画を作っているわけではない。
 
というのは、わかってるけどねぇ。
 
原作は続きがいっぱいあるのに、続編が作られなかったということが、映画の出来を物語っている。
 
主人公のリンカーン・ライムは、原作では白人男性という設定だったが、デンゼル・ワシントンが演じている。
そのせいかどうか、介護士はゲイの白人青年だったはずが、クイーン・ラティファに。
いや、すごくチャーミングでいいんだけど、どっちかというと、黒人の障がい者に対して、白人が介護するっていうのは、ハリウッド的にはあまりよくないのかしら? とか思っちゃう。
アンジェリーナ・ジョリーの役名が、原作ではアメリア・サックスなのに、なぜかアメリア・ドナヒーになってるが、これも、なにか事情あり?
 
傲慢でひねくれ者で口の悪いリンカーン・ライムと、周りの人たちのやりとりがおもしろいのだが、デンゼル・ワシントンだと、ちょっと愛嬌ありすぎかな。
 
最初に書いたとおり、原作をなぞる必要はないので、これはこれでいいんだけど、最大の敗因は、リンカーンとアメリアの心の絆がどうしてできたのか、見ていてもさっぱりわからないところだろう。
 
アメリアの父も警官で拳銃自殺したという記録を見ながら、リンカーンがアメリアに「父親と君は別だから」みたいなことを言い、彼女は涙を流す。
プライベートな部分にずかずかと入り込まれて、憤慨と屈辱の涙かしら? と思ったら、どうも感動して泣いてたらしい。
いろいろと傷を抱えた女性なのだが、その部分はまったく描かれないので、彼女の人となりもよくわからない。
 
最後の方で、アメリアが証拠品を素手で触って、そのままポケットに放り込んで隠すシーンに至っては、もうありえないの一言。
リンカーンがいつもうるさく言っている、デリケートな証拠品を扱う手順が、まったく放棄されているなんて。
そこをきちんとやるからこその推理なのになぁ。
 
犯人のプロフィールが原作とが変わっちゃったのは、まあ時間の関係上しょうがないかな、とも思うけど、動機がリンカーンへの恨みだけでは、これだけややこしいことをやった説明にはならないよね。
現場の状況や、残された微細証拠から、犯人の内面にまで立ち至るという、この話の肝心の部分がすっ飛ばされている。
 
リンカーンの住んでいる部屋、音声操作のコンピュータはじめ、さまざまな機械類などが絵として見られたのはよかったかな。
 

 

『赤ちゃんと僕』

映画
 
 
Netflix で。
 
日本の同名のマンガやアニメとは関係ない由。
 
チャン・グンソクのアイドル映画としては悪くない。
 
ものすごく優秀な少女がその才能ゆえに、教師や友だちから疎まれるエピソードとか、「人は自分と違うものは理解できない」云々と一般化できる台詞があるのに、映画のほかの部分とつながってこないのが残念。
 
親同士がそれと知らずにもめるエピソードも、父親たちが海兵隊の先輩後輩だったというつまんないことで和解し、子供同士のつながりとリンクしてこないしなー。
 
赤ちゃんが激カワイイので、そこに頼りすぎてる感じ。
それと、赤ちゃんの声におっさんをあてるのは、もう使い古されすぎて、かえってマイナス。
 
 
 
 
 
 

『ラ・ラ・ランド』

映画

gaga.ne.jp

オーディションの場面がたくさん出て来るが、エマ・ストーンの百面相を見ると、ほんとにマンガかアニメのキャラクターがそのまま人間になったみたいだと思う。
そう思うと、ライアン・ゴズリングまでなんとなくマンガチックに見えてくる。
まあ、あまり美男美女ではないほうが、この映画には合っている。
 
歌や踊りについては、技量としてはさほどすばらしいわけではないが、十分楽しい気分になれる。
とくに、エマ・ストーンの声はなかなかよかった。
歌唱力というより表現力で聞かせる女優の歌である。
 
シリアスな部分はほとんどストレート・プレイなのだが、前半のワクワク感に比べるとずいぶんベタな内容で、このまま終わらないよね? もう一花あるんでしょ? と思って見ていると、最後にけっこう痛いどんでん返し。
 
あり得たかもしれない人生を、如実に見ちゃう痛さ。
ライアン・ゴズリングが演奏で紡ぎ出した幻想をエマ・ストーンもなぜか共有してしまう。
まあ、空飛んじゃう映画なので、そのへんはそういうものだと思って見ていた。
別にいまが不幸せなわけではないんだけど、どこかの分かれ道で捨ててしまった別の人生が目の前につきつけられたら、どうしたって現実は色あせて見える。
今よりいいかどうかはわからないけど、それが幻想の幻想たる所以。
このあたりの見せ方、テンポはすばらしかった。
前半、なんだかむかしの「総天然色」みたいな妙な色合いだと思って見ていたが、ここにつなげるためだったのか。
 
客席は3分くらいの入りで、けっこうカップルがめだったんだけど、楽しいデートムービーと思いきや、足をすくわれてしまう。
 
女優がコーヒー買いに来るシーンのリフレインとか、けっこう好き。
 

『シークレット』

映画

www.kinenote.com

Netflix で。
 
チャ・スンウォン、リュ・スンニョン(リュ・スンリョン)の顔合わせは「拍手するときに去れ」と同じ。
ただし、チャ・スンウォンは検事ではなく、あまり頭がよくなさそうな刑事で、リュ・スンニョンも、検事ではなく超人相の悪いヤクザのボス。
この面構えが最高。
ただ、残念だったのは、明らかに別の日なのに、同じ爬虫類柄のジャケット着て出てくるところ。
とっかえひっかえ華麗なヤクザファッションで決めてほしかった。
 
ハイヒールの男」でも悪役で好演したオ・ジョンセが、またも(というか、こっちが先だが)サスペンスの核となる役どころ。
この人、いままで見た映画にもたくさん出ているのだが、「ハイヒールの男」ではじめて認識した。
食客」にも出てたし。
 
チャ・スンウォンのあせりぶりがチリチリした感覚で伝わってくる。
ヤクザの集団にボコボコにされ、妻の腕に抱かれて意識を失う瞬間の表情が美しい。
しかし、打ちのめされて死にそうになっている男というのは、なぜこんなにセクシーなのか。
 
謎解きにはかなりムリがあるのだが、オ・ジョンセの演技があまりにも気持ち悪い(もちろん褒め言葉)ので、見ているときにはあまりよくわからない。
あとから考えると、いったいどうやって遊園地に現れたのか、監視カメラのデータをどうやっていじったのか、不明な点ばかりなのだが。
 
ソン・ユナのみょうな頑固さが印象に残る。
夫の犯した致命的なミスを、一生武器として振り回すんだろうなぁという感じ。
そんなに恨んでるのなら別れればいいのに、いっしょにいるんだよね。
夫が真相を告白し、真摯に謝罪したから心が開いた、という感じに見えるけど、実際のところは、自分もスネに傷があるから、夫を許すことで自分自身も許すことにしたのかも。
 
刑事やヤクザが出てくると、そのカジュアルな暴力性にげんなりするんだが、この映画もその例にもれない。
相手に痛みを与えるだけじゃなくて、自尊心も叩き潰して自分に逆らえないようにするんだよね。
刑事もヤクザもやってることはいっしょだ。
 
リンカーン・ライムシリーズをせっせと読んだので、韓国警察の現場の蹂躙ぶりにあきれてしまう。
 
いろいろアラはあるが、勢いと怨念があふれた韓国映画らしい犯罪映画だ。
 
 
 
 

『6年目も恋愛中』

www.kinenote.com

Netflix で。

 

うーん、これはちょっと難しいんじゃないかな。
 
このカップルには、障害がなにもない。
 
ふたりともちゃんとした職があって、お金にも困ってないし、親との関係も悪くない。
金持ちと貧乏人だとか、ややこしい身内がいるとか、交通事故で記憶を失うとか、なにもない。
 
ファッションやインテリアがすごくステキというわけでもないし、独特の風景が出てくるわけじゃないし、アクの強い脇役が出てくるわけじゃないし。
セックスシーンもそれなり。
 
独身同士なので、それぞれ別に心惹かれる人ができたら、別れればいいんじゃないのー? とぬるーくしか見られないし、映画自体もぬるい。
 
いったいなにが見せたいのか不明。
 
キム・ハヌルかユン・ゲサンのファンじゃないとちょっとつらいかも。
 
キム・ハヌルは安定の演技だし、若い頃から今にいたるまでほとんど印象も容姿も変わらないのが、逆にすごいが、ユン・ゲサンは、先に「プンサンケ」見ちゃったので、変わりようにびっくり。
 
というか、いい人だし、かわいいところもあるけど、ちょっとしまらない、っていうこのイメージがこの人の本来のキャラクターだよね。
なにせ元アイドルだし。