読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

『花、香る歌』

映画

hanauta-movie.jp

またまた、U-next で。

最近、ぜんぜん劇場行ってないなー。

 

リュ・スンニョン*1とスジ! しかもテーマがパンソリですよ。

わくわくして見始めたのだが、途中からイヤな予感がわきおこり、ラストまで見たら、その予感どおりだったという、寂しい結末に。

 

若い娘が、中年男に恋しちゃう、というのは、とくにへんな話ではないし、わたし自身も中高生のころのアイドルはクラーク・ゲーブルだった。

しかも、オトナの渋い魅力あふれるリュ・スンニョンなので、そういう脚本にするのも自然なのかもしれない。

でも、それをいま描くと、おっさん向けファンタジーになってしまうのよね。

はっきり言って古い。

2015年の映画なんだから、そこは意識してほしかった。

 

途中まで芸道ものだったのに、師匠と弟子との間で、見交わす目と目が雄弁なプラトニック・ラブが描かれ、そして、それが引き裂かれてクライマックス、っていうのでは、なにがテーマなのか、ぼやけてしまう。

 

権力者の前で歌い、「わたしはキセン(妓生)ではありません」と主人公が言うシーンがある。

女性の歌い手が禁じられていた中で、歌を聞かせるために、キセンに紛れ込んで宴席に出たというシーン。

身分を偽るのではなく真実を述べ、歌い手なのだ、と宣言するところだが、なんだか「芸は売るが、女を売るわけではない」と言っているように見えた。

 

権力者もその芸に感心はするのだが、結局のところ、「女」という部分を買われてしまう。

 

この悔しさ、苦悩がさっぱり描かれず、愛するお師匠様と引き裂かれて、好きでもない相手の妾になる悲しさだけが表面に出ているというのが、いちばんいただけない。

 

しかも、芸道というテーマに関しても中途半端。

 

スジは好きな役者だし、声もいいので、それなりに楽しくは聞けた。

だが、たかが半年くらいの訓練で、聞き手を感動させるところまでは無理というもの。パンソリをなめすぎでしょう。

たいしたことのない芸でも、映画の中でみんなが感動していたらそういうものとして受け止める、というのがお約束だが、アイドルとしてはがんばりました、というコンテクストがなければ、成り立たないレベルだった。

 

パンソリがテーマの映画というと、どうしても名作『西便制』を思い出すが、こちらは本物のパンソリの歌い手が主演している。客を呼ぶにはアイドルのほうがいいに決まっているが、この配役で、吹き替えもしなかったという時点で、それだけのものになってしまった。

 

ちなみに、『西便制』の中の有名なシーンで、くねくねした道を、だれに聞かせるというわけでもなく、師弟が楽しそうにパンソリを歌い踊りつつ歩く、という長回しがあるのだが、この映画にもちらっと似たシーンが出て来る。とくにストーリー上必然性があったわけでもないので、『西便制』へのオマージュかな。

 

とはいえ、リュ・スンニョンはやはりすばらしい。

とくに杖刑を受けて痛みに耐えるシーンと、権力者の囲われ者になって去っていく弟子、しかも自分も愛情を抱いている相手に対して、「ママ」という王族への敬称を使って、ていねいな言葉で別れを述べるシーンは圧巻だった。

 

大院君役でキム・ナムギルが出てくるのだが、持ち前のセクシー・ビームはほとんど見られず。引き立て役としても、もうちょっと男性的な魅力を出すシーンがあってもよかったのに。

 

美しい朝鮮の風景も見どころで、全体にテンポもよく、ぜんぜんダメな映画ではないだけに、もったいない部分が目立ってしまったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

*1:リュ・スンリョンと表記してあるところが多いが、実際の発音は、これに近い。こっちのほうが違和感ないので、今後もこう書きます

『暗殺』

映画

ansatsu.infoハ・ジョンウかっこよすぎ~!

じいやのオ・ダルスもなかなかよく、チョ・ジヌンも見せ場が多かった。

 

チョン・ジヒョンがお金持ちの令嬢と、抗日軍の戦士の二役なのだが、対決するシーンはさすがに演じ分けていたけど、それ以外は衣装が違うだけという感じ。

令嬢に化けたら、婚約者も父親もだまされるという話だから、あまり印象が違っても困るのだけど。

しかし、お蚕ぐるみで育ったお嬢様と、男に混じって軍隊生活をしていた女性では、いくら双子だろうと、肌も、髪も、手も、なにもかも違ってくるはずだし、この設定はちょっと無理がありすぎ。

 

無理といえば、朝鮮なまりの日本語で、日本軍の将校に化けるとか、ここもかなり厳しい。

 

日本語のセリフは全体によくできていたけど、日本語ネイティブが聞いたら、はっきり朝鮮人か日本人かわかってしまう。

吹き替えるとかは、アカンのかしら。

こんな映画が日本でヒットするわけもないし、韓国人が聞いてわかるほどの違いじゃないので、それでいいのか。

 

こんな映画、というのは、日本の兵隊さんたちが、射的の的よろしく、なんの抵抗もできず、ばったばったと倒れていくから。

日帝時代の話なので、当然日本人は悪役である。

でも、その日本人の手先になって、同胞とやりあうのが、イ・ジョンジェなのだから、そんなに一方的な話でもない。

 

イ・ジョンジェが最後に脱ぐシーンで、60代ということで、たるんだ肉体があらわれるんだけど、あれってCG? 鍛えることはできるけど、たるませることはできないよねぇ。

 

チョン・ジヒョンの後ろ姿のかっこよさが、相変わらず天下一品。

 

そして、全体に衣装もよい。男性陣もいいし、キム・ヘスクが着ていた、上下微妙に色が違って、トンジョンが柄物の黒の韓服がすてきだった。

 

なにより、この映画の見どころは、1933年のソウルの町並みや建物だ。

もちろん、どれだけ真に迫っているかは知る由もないが、とても雰囲気があって、それらしかった。

 

これでシナリオがもうちょっとなんとかなってればねー。最後に回想シーンとか、ドラマと見まごうほどの安っぽさでした。

 

 

 

『凍える牙』

映画

www.cinematoday.jp

乃南アサ原作、ということだが、舞台は韓国になっている。

 

原題は『ハウリング』。っていうと、別の映画があったんだけど、韓国では原作小説も、同名の映画も知られていないのかな。

 

警察のダメダメぶりを描くのは、韓国映画のお得意だし、パワハラ体罰あたりは韓国社会自体の病のようだが、この映画では、パワハラに加えて、幼稚なセクハラがこれでもかと展開される。

 

男女が仕事上のパートナーになったら、「デキてる」という前提で冷やかす。小学生か、こいつらは。

 

酒の席で体を触る、という古典的なセクハラを相手にとがめられると、翌日から怒鳴る、殴る、雑用を押し付けるというパワハラにスイッチするヤツ。ソン・ガンホ演じるパートナー含めて、全員そういう扱いで当然だと思っている。

 

イ・ナヨン演じる新米女性刑事は、現場でみごとなガッツを見せるのだが、先輩刑事にテーザー銃(ワイヤー針が発射されるタイプのスタンガン)を打ち込んじゃったり、容疑者に腹部を殴られて動けなくなり、目の前で犬が人の喉笛を食いちぎるのをなすすべもなく見ているとか、経験と腕力の不足がみっちり描かれる。

 

このへんが、『ズートピア』と違うところだね、っていうか、比べるなって話だけど。

 

捜査会議でも、まっとうな意見を言うのだが、先輩たちには、まったく相手にされない。

 

本筋の事件は見事に解決するのだが、犯人もその道具となったかわいそうな狼犬も死んじゃって、麻薬中毒から精神障害になった、この事件のほんとうの被害者の犯人の娘はひとりで残されるわ、主人公の女性刑事は巡査に逆戻りだわ、セクハラ・パワハラはそのままスルーされるわ。

 

おっさん刑事の方は、若いパートナーの活躍で昇進したのに、それはおくびにも出さず、当たり前のような顔で別れを告げる。

 

一件落着のようでなんの救いもない。

 

ディズニー映画みたいに、正義と友情が勝つ必要はないけど、ここまで現実的だと後味が悪すぎる。

 

 

 

 

 

 

 

『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』

映画

www.disney.co.jp

映画館で見逃したので、しかたなく U-next で。

 

わかってはいたのだが、PCのディスプレイ(28inch)では、すばらしいCGも楽しさ半分である。こういうのは、劇場で見ないとね。

 

美しい映像以外になにがみどころかというと、赤の女王のデカ頭の秘密が白日のもとに!

 

いや、やっぱり妹との確執には理由があったわけだ。

 

しかし「だれもわたしを愛してくれない」という直球なセリフにはまいった。みんな、なかなかその気持を認められなくて、ああでもないこうでもない、と理屈をくっつけてややこしくしちゃうのに。

 

心からの謝罪が、こじれた関係を救う、という美しいお話。

 

妹との関係が修復され、気持ちが軽くなったら、デカ頭が元に戻るかというと、残念ながらそういうことはなかった。あれはあれで、恋人も認めているチャームポイントだからそれでいいのか。

 

赤と白の女王姉妹の確執とは別に、アリス自身は母との確執を抱えている。

 

女性の行動は impossible だらけのヴィクトリア朝時代。

母は、娘を愛してはいるが、その価値観を捨てることもできない。

互いを尊重し合う、これまた美しい結末を迎えるのが、いかにも家族大好きなアメリカ的、というか、ディズニー的である。

 

ダジャレと不条理と悪趣味でいろどられたお話に、こういう理に落ちた結末はつまらない。

 

まあ、これもレリゴーの変奏ということよね。

 

 

 

トンイとチャングム

映画

トンイ (字幕版)をAmazonビデオ-プライム・ビデオで

 

『トンイ』60話、見終わった。

見たといっても、最後の10話くらいは、ストーリーがわかる程度にとばしとばしで。

 

歴史ものの常として、見る側は結果がわかっている。

張禧嬪は賜死するが、その息子は王位を継ぎ、短い治世を経て、トンイの息子が英祖となり長期政権を築く。

で、英祖の孫がその次の王、正祖(イ・サン)となるわけだが、まあそこまではいいだろう。

 

なので、ストーリーに対する興味としては、危機に次ぐ危機をどうやって乗り越えるのか。そして、その中で描き出される人間模様ということになる。

 

これがどうもつまらなかった。

 

危機を回避するには、トンイの明敏な頭脳と誠実な人柄が大きな武器となるわけだが、肝心のトンイがなぜかうすっぺらくて、人間的な魅力が感じられない。というか、張禧嬪に完全に食われている。

 

「いい人」というのはうざったいし、つまらないものだ。

悪役の方が人間的だし、共感できる。

 

それと、トンイを支える人々がいまいちだったのも大きいかな。

 

チョンス兄は、これまたとてもいい人に見えるのだが、もう少し危険な香りの美男子だったらよかった。というか、このドラマ、色男がぜんぜん出てこないではないか。

 

ソ・ヨンギもねぇ。チョン・ジニョンはごひいきの役者だから、あまり言いたくはないが、この役には年寄りすぎる。

 

コメディ担当の面々の演技も、おおげさすぎて白ける。

 

最後の方は、かわいいクム王子くらいしか見るところがなかった。

あまりに達者な子役というのは小面憎いものだが、この子は、賢くて無垢な役に実によくあっていた。

 

イ・ビョンフン監督といえば、『大長今』なわけだが、これは、わたしが最初に見た韓ドラである。いや、『茶母』とどちらかが先かはっきりしないが、KNTVで同時期にやっていたはずだ。

 

録画もしていたのだが、放送時間にもテレビの前に張り付いて見ていた。

最初に見た韓ドラがチャングムだったのは、実に幸福な出会いだった。

 

チャングムのキャラクターも、トンイによく似ていて、明るく賢く、無鉄砲で、あくまでも善意の人。

 

だが、それほど鼻につかなかったし、なにより、ストーリーにひきこまれた。

 

当時は、イ・ヨンエ以外は知っている役者もいなかったし、なにしろ初めて見るわけだから、ありがちなストーリーだということもわからない。すべてが新鮮だった。

 

そして、同じサクセスストーリーとはいっても、チャングムは職業的に成功するのだが、トンイは出世の道が後宮だったというところが、大きな違いだろう。

華麗に着飾り、高い位ではあっても、しょせん子を産む道具。

王の寵愛を最後まで失わないという設定だったから、そういう立場の苦しみというのは描かれていなかったが、だからこそ平板になってしまったのかもしれない。

王が若い正室を迎えても、平然としてるんだもんねぇ。

 

血統と権力が結びつくグロテスクさは、『ブーリン家の姉妹』が白眉だろうが、朝鮮王朝ものも、なかなか負けていない。

 

粛宗は、人間的な含羞のある人として描かれているが、自らの生殖が国事として管理されている人間が、女性に対してあんなふうにときめきをおぼえるものなのかしら。王の恋愛事情はあんまりピンと来ない。

 

と、さんざんくさしたのだが、ともかく60話ひっぱるだけの魅力はあるドラマだということは言える。

 

作品の側の問題じゃなくて、わたしが年取ってすれてしまったということなんだろうなぁ。

 

 

『天才スピヴェット』

映画

spivet.gaga.ne.jp

U-nextで。

 

『アメリ』は、正直ちょっといまいちだったので、また不思議ちゃんの話かしら、とスルーしていたが、もっと早く見るべきだった。

 

性格も体格も才能も違う二卵性のふたごの兄弟。

 

日本語字幕だと「弟」と出て来るが、どちらが兄で弟で、という関係ではなく、いちばん身近な肉親であり、いちばん仲のいい友だちでもある、そんな存在。

 

その片割れが事故で亡くなったところから物語が始まる。

 

残された T.S が主人公。とても知能が高いが、感情的な成熟度は、年相応な10歳の男の子。

 

家族のひとりがとつぜん事故で亡くなったら? 残された家族には、罪悪感が重くのしかかる。T.Sは旅の中で、何人かの人と出会い、少しずつ自分を回復していく。

 

映像がとても美しいこととあいまって、旅先で出会う人が、『星の王子様』の登場人物たちのようだ。

 

切なく、胸が痛く、美しい童話。

 

とくに、姉の扱いがいい。

才能にあふれた弟から見ると、ごくふつうの、愚かな、思春期の女の子で、若干小馬鹿にしているおねえちゃん。

最初はそんなふうに見えるのだが、ラスト近くで、彼女が家族の中で、そして弟に対して、大きな役割を果たしていたことが明かされ、弟も決して彼女を軽んじていなかったことがわかる。

 

しかし、年端もいかない子供に銃を買い与えるアメリカ西部の伝統って、恐ろしい。

 

だれにも責任がない、じゃなくて、責任があるとしたら、そういう銃社会だし、子供に銃を持たせて監督もろくにしてなかった両親でしょ。

 

 

『オデッセイ』

映画

www.foxmovies-jp.com

劇場にて。

平日昼間ということで、ヒット映画にも関わらず、お客は10人くらい。もっとも、2D字幕版だったから、3D や吹替は入っているのかもしれない。

先に友人と見た高校生の感想は「ジャガイモ食べたくなった」

食べたくはならなかったが、アメリカ人はジャガイモにはやっぱりケチャップなのね、という感想はもった。

板子一枚下は地獄、というが、360度外界はすべて地獄という環境。

主人公がユーモアを失わず、怒りや恐怖をうまく逃しているのが印象的。

NASAの職員には有色人種もいるのだが、火星探査チームが白人ばっかなのがちょっと気になった。船長を女性に変えているのがPCということかも。

こういうとき助けてくれるのが中国というのも、ちょっとおもしろかった。一昔前ならロシアが出てくるところだろう。

主人公は助かるとわかっていても、救出シーンのハラハラ・ドキドキが失速しないのは見事な演出だ。

マット・デイモンの普通の人ぽさがうまくはまっていた。

しかし、彼の救出に費やされたのは、何億? 何十億? ドルで。もちろん、NASAはそれだけの費用をかける効果というのは計算した結果だろうけど。

使い捨てにされる命が山程ある中で、こういうヒューマニズムはちょっとウソっぽい。

 劇中の70年代ポップス、とくにディスコは、わたしが高校生くらいのとき流行っていた曲がほとんど。ラストの ”I will survive" は、はまりすぎていて笑ってしまった。