読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

『ハイヒールの男』

映画

klockworx.com

Netflix で。

 

チャ・スンウォンMtF を演じる。

チャ・スンウォンといえば、暑苦しいほど男臭さを振りまいている俳優だ。身長は188センチ。筋肉隆々である。

しかも監督はチャン・ジンである。トンマッコルは好きな映画だが、「拍手するときに去れ」(これもチャ・スンウォン主演)がけっこうよかった。

冒頭からサウナに入ってるシーンで、これでもか、というほど、鍛え上げた筋肉が披露される。当然ながらシックスパックである。

その後のアクションシーンは、最小限に抑制された美しい動きで、相手の肉体を破壊しまくる。そこにあるものはすべて武器に使い、超痛そうだが、あまりの突拍子のなさに笑える。テンポといい、美しい映像といい、ユーモアといい、アクションシーンのお手本にしたいような出来である。

助演陣では、出番は少ないものの、パク・ソンウンがえぐーい悪徳検事を小気味よく見せてくれる。出てきた瞬間から、まったく期待を裏切らない。

最後は、襲撃を受けて殴られ刺され、ぐったりしているところに、頭を車のドアに挟まれる形で、バシンバシンとなんどもドアを叩きつけられて殺される。そのときの効果音が、だんだん、グチョっというか、ネチョっというか、粘度を感じる響きになってくるのである。うぇー。

MtFの先輩というか、海兵隊の先輩でもある、という役柄のイ・ヨンニョが怪演。それにしちゃちょっと小柄だが、ふてぶてしさが肉体のきゃしゃさを補って余りあるという感じ。

しかし、彼女が語るトランスジェンダーの苦しみ、「わたしたちは地獄の入り口に立っている」云々というセリフがどうもいただけない。

当事者から出ている言葉だから、ホモフォビアっていう文脈ではないと見せたいんだろうけど、社会の偏見の視線を、そのまま内面化しているだけでしょ。

その後のシーンも、美貌のMtFと、不細工なMtFを二人並べて、なんだかんだと説教をかますのだが、自分が女だと感じているのに、きれいかどうかなんて別に関係ないよね。

女性を美醜でランクづけるのを、そのまま持ち込んでるだけ。

価値のあるのはきれいトランスジェンダーで、そうじゃないのは、できそこない、みたいな話になっちゃってる。

自分の感じ方ではなく、世間の見る目で「女」が作られる、というお話。

手術を受けて、性器の形状を変えることがゴールのようになってるし。

最初に書いたアクションシーンだけではなく、サスペンスの盛り上げ方、残酷な形で終わった初恋の描き方、どれもステキだっただけに、なんだかなぁ、という気持ちが強く残ってしまった。

(以下3/8追記)

従来の韓国映画だったら、うちがビンボでろくでなしの親兄弟がいる、みたいな不幸が描かれたところが、トランスジェンダーを持ってきたって感じかな。自分を偽る苦しみ、自分自身も自分を認められない悲しみっていうのは当然あると思うし、そこは胸が痛くなるくらい描かれていたんだけど、それだけですか、ってこと。

海兵隊出身先輩MtFのセリフをくさしたが、「男性性=暴力」だと喝破していたのはなかなかだと思う。全体にそういうトーンだったし。しかし、「手術で女になる」という以外に、社会的に女性として生きる見通しがまったく語られない、どんづまり感は見ててつらかった。

チャ・スンウォンの女装について言えば、最初のはかなりこっけいさ、異様さを強調していたけど、どちらかというと、年に似合わない若作りとか、体のラインを出す服装がその原因だと思う。ラスト近く、出国しようとする場面では、とてもよく似合ってきれいだった。映画のメイクさんと衣装さんが手をかければ、身長188センチだろうが、ごつかろうが、優雅な女性を作ることはいくらでもできるよね。このときは、落ち着いた雰囲気で、体の線を隠す服装。このあたりの変化も、女性として生きるスキルが増してきた、っていうことかな。まあ、着たければ好きなものを着ればいいんだけどね。

「女性を演じる」ということについては、いちばん目についたのが眼差し。これは、『リリーのすべて』を見たときにも感じたことだけど、男性らしい服装をしていても、女性に見えるときの目つきっていうのは、頼りなげで、なにかすがるような感じなんだよね。それを演技で表現できるチャ・スンウォンも、エディ・レッドメインもすばらしい。しかし、男性性が暴力なら、女性性は無力かよ、という、自分も含めた世間の性差に向ける眼差しにげんなりするのも確か。

もう一度いうけど、映画としてはとてもおもしろかった。わたしは、トランスジェンダーについて詳しいわけじゃないけど、男性性、女性性ということには興味がある。そういう視点であれこれ言ったけど、逆に、これだけいろいろ考えたのだから、その点もよかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』

映画

www.cinemart.co.jp

いまさらなのだが、なんとなく見逃していた作品を、無料視聴を始めたばかりの Netflix で見つけたので。

原作のマンガ、日本のアニメ等はなにも見ていない。ストーリーもまったく知らず、チュ・ジフンキム・ジェウクが出てるということくらいが事前の情報。

蓋を開けてみたらユ・アインも出ていたし、チュ・ジフンの子供の頃の役で、天才子役の名をほしいままにしていた演技派、ヨ・ジングも出てました。10歳か11歳くらいのころで、マッシュルームカットもかわいらしいのだが、わざとらしさがまったくない、迫真の演技。ほんと、どれ見てもすごい。

あと、うれしかったのは、イ・フィヒャンをひさしぶりに見たこと。なんか好きなんだよねー。重いものを抱えている雰囲気がよく出ていた。

とつぜんミュージカル風になったり、心象風景がそのまま画面に出てきたりするマンガチックな演出や、美しい俳優たちを見るのも楽しいのだが、なにかもうひとつしまらない。

わたしが甘いものが好きじゃなくて、次から次と出て来るおしゃれなケーキにもまったく食指が動かなかったからでもない。

そうそう、劇中歌はジャウリムで、これもまたセンスがいい。

結局、セリフで説明しすぎなのかなーと思い至った。

キム・ジェウクが、部下であり弟子であるユ・アインについて「将来性がある」とか「これほど努力するものは他にいない」みたいなことを言うんだけど、それが、絵としてはぜんぜん出てこなくて「あ、そうなの?」という感じ。

キム・ジェウクが「魔性のゲイ」だと説明するあたりも、ゲイバーのマスターという、いかにもな説明役が出て来るし、女の子が苦手だというのも、全部セリフで説明しちゃう。

結果、うすっぺらくなっている。

眼差しひとつ、身ごなしひとつでいろんなことを語れる俳優たちをたくさん使っておきながら、なんともったいないことよ。

日本のドラマや映画なら、こういう脚本や演出でちょうどいいのかもしれないけどね。

 

2月に見た映画

映画

感想書いてない分を、 とりあえずメモ。

 

リリーのすべて

Amazon Prime で。

 

『マッドマックス』

同上。

 

ドラマ。

これは1月から見てた分も含めて。

アクシデント・カップル

『大王 世宗』

『No limit 地面にヘディング』

『シングルライダー』

映画

www.wowkorea.jp

韓国語で「싱글라이더」。シングルライドなので、single ride かと思ったら、single rider でした。

シングルライダー(Single Rider / Single Riders)とは、一人で乗り物に乗る人のこと。また、その人たち向けのテーマパーク・遊園地などのサービス。   という意味だそうです。もちろん、知っていたわけじゃなくて、この記事を書くために検索した。この映画は、たぶん前者の意味。

 見たのは公開当日の2月22日。

ソウルのCGV明洞にて。

www.seoulnavi.com

上のサムネイルにあるのは、ビル1階の窓口で、ここでチケットを買って、8階のシネコンで見ることもできるし、シネコンの中には、もちろんチケット売り場や自販機がある。

 わたしが見たのは夜10時半からの回(それでも最終回ではなく、まだ夜中にもう1回あった。平日だよ?)だったので、1階のチケットブースはもう閉まっていて、ビルの他のお店も営業終了していた。ただ、開いている入り口はあり(当たり前だ)、案内係?のおじさんがひとりいたので、格別不安な感じはしない。

 当然まだ日本未公開。

最初にリンクしたのは、韓国の芸能ニュースなどを扱うサイトなんだけど、Wikipedia にもページがあったので、こちらも載せておこう。

Single Rider (film) - Wikipedia

韓国旅行中に映画を見ようと思い立ったはいいが、韓国語の聞き取りにあまり自信がない。ストーリーの単純なアクション映画がいいなーと思ったのだが、泊まっていたホテルに近くて、夜遅くにやっていて、洋画以外(英語のセリフで字幕韓国語はきつい)、となると、ほかに選択肢がなかった。

イ・ビョンホンコン・ヒョジンが出ているし、どっちも間違いのない役者だから、映画もそんなに悪くないだろう、という程度の期待感。

8階にあがってみると、チケット売り場の前にもだれもいないし、窓口にお兄さんがひとりいるだけ。映画のタイトルを言い、座席の指定をしてもらって中に入る。

9,000ウォンでした。

韓国の映画館は、そもそも日本より安いのだが、曜日や時間帯によって料金が変わる。数年前にソウルで映画を見たときは、平日午前中だったので、4,000ウォンだか5,000ウォンと言われ、あまりに安いのでびっくりして聞き返した覚えがある。

中に入ると、これまた、だれもいない。

上映時間5分前までひとり。

劇場の番号間違えたかと不安になって入り口に行ってみたが間違いはなく、ちょうど3人グループが入ってきたので、わたしもそのまま席についた。

で、やっと映画が始まるのだが、見ているとなんとなく不安になる内容。

幸い、早口のセリフはあまりなく、聞き取れない部分はないのに、あれ? あれ? と思うことの連続なのである。

美しい夏のビーチで、ほかの人はすべて海辺にふさわしいカジュアルな格好をしているのに、イ・ビョンホンひとりが紺のスーツで、革靴。その浮きぶりたるや、見ているとつらくなるくらい。

韓国では、幼い子供の英語教育のため、妻子だけを英語圏に留学させ、国に残った父親がせっせと仕送りをする、という社会現象があって、そういう父親は「キロギアッパ」と言われている。

キロギというのは、雁のこと、アッパは「お父ちゃん」という意味である。

イ・ビョンホンもそのキロギアッパのひとりなのだが、2年ぶりに妻子に会いに行ってみると、妻のコン・ヒョジンは白人の男とクスクス笑いながらマリファナをきこしめている。

韓国にいるころは、きちんとメイクして、落ち着いた服装だったのに、化粧もほとんどせず、髪型も服装も超リラックスした感じ。家の中も、ひどく散らかっているほどではないのだが、なんとなく雑然としていて、これまたうるさい夫(どう見ても神経質で完璧主義なイ・ビョンホン)がいないからリラックスしてるようすが垣間見える。

当然大ショックなんだけど、妻と対決しようとはせず、ただ傍観しているだけの主人公。

話が進んでいくと、妻の胸の内もだんだんわかってきて、ただ、外国での自由な暮らしで浮かれているわけじゃないという描写もあるのだが、主人公にはまったくそれが伝わらない。

明るい日差しの中で、ポメラニアンはかわいらしく走り回り、おどろおどろしい音楽などもまったくかからないのだが、なんだか足元がふわふわと定まらないような不安な感じがずっと続く。

なにかヘンなのだけど、いったいどこが?

と思いながら見ていると、最後にどーんといままで不安に感じていた理由の種明かしがある。

このブログはネタバレあり、と注意書きがあるのだが、さすがにこの映画のネタバレだけはできない。

イ・ビョンホンはアクションなし、腹筋なし、ただのサラリーマンという役だが、やっぱりそれだけじゃない、というわけだ。

妻役のコン・ヒョジンは、かなり難しい役だったと思うが、とても自然で、白いワンピース姿も美しい。

バックパッカーの女の子役のアン・ソヒは、初めて見るが、若いのに安定感があり、芸達者な主演ふたりに見劣りしないのだから、たいしたものだ。

静かで繊細な映画である。

『殺人の告白』

映画

movies.yahoo.co.jp楽天ShowTime で。

なんかのポイントアッププログラムに釣られて購入したのだが、見たかった韓国映画がけっこう出ているのを発見。

 

で、上のYahoo映画のリンクを見ても、なぜか日本ではパク・シフ主演になってるんだが、ちが~う!

主演はチョン・ジェヨンで、パク・シフより先にクレジットされている。

 

とはいっても、わたし自身、パク・シフがお目当てで見出したのは間違いない。だが、冒頭のアクション・シーンで、これはパク・シフ鑑賞映画ではないことがすぐにわかる。

 

ケレン味たっぷりのカメラワーク、スピード感たっぷりで、まだやるかっていうぐらいくどい、そして迫力あるアクション・シーン。

この映画の見どころはそのあたりでしょう。

 

だからといって、ドラマがお留守かというとそういうわけではなく、復讐に燃える人たちの悲しくぎらぎらした表情もしっかり描かれている。

 

とくに、キム・ヨンエはさすがの貫禄ですばらしい。警察署に現れて、チョン・ジェヨンをビンタして、無言のまま去っていくシーンがあるのだが、メイクがとても薄く、それでいて表情がくっきりしていて美しいのには驚いた。この人は確か、韓国では化粧品をプロデュースしていて、自分自身で広告塔になっているが、1951年生まれでっせ。若く見えるというよりも、60代女性の理想像という感じ。

 

まあ、脚本はかなりご都合主義だけど、それはこういう映画につきものだし、あとで考えるとあれ?と思う程度で、見ている最中はスピードに追いつくのに必死で、そこまで考えるヒマがない。

 

ただ、パク・シフの正体につながる伏線が、ちょっとわかりにくかったかな。ネタバラシをするときに、ワンカットだけでも映像が入るとだれだかわかったんだけど。名前と顔写真だけでは、すぐにそのシーンが出てこなかった。

 

そうそう、パク・シフファンのみなさんにも、すらりとしたスーツ姿はもちろん、水着シーンもございますことよ。まあ、それ以上に血なまぐさいシーンも多いので、あまりおすすめはできないが。

 

韓国映画の濃いところがいい感じに表現された映画だと思う。

 

日本でもリメイクされるらしい。

news.kstyle.com

 

『ローグワン/スター・ウォーズストーリー』

映画

starwars.disney.co.jp

新年一発目は華々しくスターウォーズから。

という意図はまるでなく、ほんとに見たかったのは、『ファンタスティック・ビースト』で、字幕版が1月5日終了なので、レディースデイに見られるのはきょうだけ、と予約しようとしたら、レイトショーのみしかやっていない。うちに帰るのは12時過ぎてしまうし、明日も仕事があるし。ということで、断念したのでした。

先週までは夕方5時頃から1回だったのになー。

 

でもせっかくだから、なにか見に行こうということで、選んだのがこれ。

 

やはり字幕版だったので、シネコンの中でも、小さいスクリーンだった。

 

予告編が終わると、横のカーテンが開いて、シネスコサイズで本編が始まる。そういうものだと思っていたのだが、スクリーンはビスタサイズのまま、上下に黒い帯が出た状態で本編が始まったのでした。

 

帰ってきて調べてみたら、どうも、最近のシネコンでは、そういう運用をしているみたい。

 

でも、そのときはそんなことはわからないし、なんかのミス? と思ってしまい、最初はなかなか集中できなかった。

 

そのせいかどうか、それとも疲れていたのか、始まってまもなくすごい眠気が襲ってきて、最初と最後のそれぞれ15分くらいしかまともに見ていなかった。

 

やせても枯れてもスターウォーズなので、そんなに退屈ということはなかったんだけどねー。

 

1970年台に想像したテクノロジーと、現代のテクノロジーの常識を、うまく融合させようと苦労してるねーという印象。

 

ドニーさんはよかったよ。

 

2016年に見た映画

映画

劇場で見た

パリ3区の遺産相続人
オデッセイ
ちはやふる 上の句
ズートピア
ゴーストバスターズ

オンデマンド等で家で見た

 

海にかかる霧
シークレットミッション
尚衣院
秘密のオブジェクト
プンサンケ
ベテラン
ブラックスキャンダル
君に泳げ
リトル・ミス・サンシャイン
天才スピヴェット
ビューティー・インサイド
アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅
デッドプール
神弓
王の運命
凍える牙
暗殺
花、香る歌
荊棘の秘密
インサイダーズ
スノーピアサー
ファニー・ガール

 

韓国映画主体だけども、それほどずしっとくるのはなかったなぁ。

全体では「天才スピヴェット」、韓国映画では「尚衣院」が好みだった。