読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

韓国版のだめ『ネイル カンタービレ』

ドラマ

www.bsfuji.tv

Netflix で。
 
実はこれ、ずいぶん前に U-next だか Hulu だかで1話だけ見て、つまらないからこれ以上見る価値なし、と判断したものだった。
今回、Netflix でも、最初の3話くらい見たけど、やっぱりおもしろくない。
しばらく放置していたが、肩がこらずに軽く見られるものが見たいときに、ちょっとずつ見ていた。
クラシックの名曲のキャッチーな部分が次々出てくるのは楽しいしね。
わたしの好きなジャンルは、ドラマにしても映画にしても、どうも重すぎて、なにも考えずに気楽に見るのには向かないからねぇ。
 
結果としては、しりあがりによくなっていき、最後の方はかなりよくできた青春ドラマで、主人公たちの苦闘と成長がさわやかに描かれていた。
 
韓国でもあまり評判よくなかったらしいが、おもしろくなかった最大の原因は、最初の部分は、日本版の「のだめ」をただなぞっていたから。
チュウォンにしてもシム・ウンギョンにしても、別に悪くないのだが、玉木宏上野樹里と同じことをやったのでは、やはり及ばない。
 
とくに上野樹里
当たり役で、しばらく本人もこのイメージになってしまったくらいなので、とにかくキュート。
マンガならともかく、現実的に考えると、アホで身勝手なのだめがこんなに愛されるキャラになったのも、彼女が演じたからこそ。
 
原作では、美少女という設定はどこにもないし、劇中にそういう扱いもないけど、実際絵で見ると美少女の力はすごい。
いくら芝居がうまくても、シム・ウンギョンがやったのでは、ルックスが現実的なだけに、図々しさとアホっぽさばかりが目立つという結果になってしまった。
 
それと、チュウォンがそんなにハンサムとは、どうしても思えないんだけどなぁ。
背が高くてスタイルがいいし、オレサマ男役はよく似合っていたけど。
 
しかも、日本版ドラマは、殴られて飛んでっちゃうとか、原作を意識したコミカルな演出になってるのに、韓国版はそれがほとんどないので、なお現実的でつらい。
とくにシュトレーゼマンがちょっと変わり者だけど、ふつうのおっさんになっちゃってるからなぁ。
ペク・ユンシクが竹中直人ばりにはじければ、ルックスが端正なだけにおもしろかったんだろうけど、そういう意図はなかったようだ。
 
このドラマでの収穫は、パク・ポゴムを発見したこと。
痛みに耐えてる風情もよかったし、逆に、いきいきと指揮しているときの表情が実にチャーミングだった。
なぜあのシーンだけメガネをかけてたのかわからんけど。
ネイル(のだめ)をはさんで、ユジン(千秋)とライバルという設定で、ちくちくとユジンをいびったりするのだが、実はユジンとお互いに理解しあってるのよね。
 
あとよかったのは、美しい建物が並ぶロケ地。
あんなに練習室が広くて豪華な音大が実際にあるのかどうかはわかんないけど。
ユジンとネイルが住んでいるマンションも、非現実的なほど豪華でインテリアもステキでした。
原作では中華料理屋だった裏軒もおしゃれなカフェになってるし。
 
衣装も、学生たちは、音大に通ういい家の子、という感じのものが多く、かわいかったなぁ。
それと、理事長はじめマダム連中の豪華な衣装も見ものでした。
 

『コクソン』

映画
↑予告編が自動的に始まります。最近の全部これ。
 
シネマート新宿にて。
 
午前中に『お嬢さん』を見て、大学生の息子とランチしてから帰ろうと思っていたのだが、息子にフラれ、つまらないので、ついもう1本見ることに。
毒を喰らわば、というところ。
『アシュラ』『お嬢さん』『コクソン』と、どれも長い、くどい、エグい、ときて、韓国映画の修行みたいだが、こういうのが好きなんだからしょうがない。
 
またも満席。
しかも、隣の席の高齢の男性が、どうもお風呂に入ってない系の匂いがする。
人にはいろいろ事情があり、いつもキレイキレイではいられないのは重々承知しているが、椅子に釘付けになった状態で、これはけっこうつらい。
マスクは持っていたのだが、肌寒かった前日とはうってかわって暖かい日で、マスクすると暑くてたまらない。
前の晩よく眠れなかったこともあって、かなりうんざりした状態で、このややこしい映画と向き合うハメになった。
 
きのうの『アシュラ』に続いて、ファン・ジョンミンとカク・ドウォンである。
2日続けてだから、前日の話がもっと頭に浮かぶかと思ったが、まったくそんなことはなく、しっかり別のキャラクターを見せてくれる。
 
いい父親だし、村の中ではそれなりの存在感があるようなのだが、いかにも無能な警察官のカク・ドウォン。
娘の危機に際して、とにかく右往左往、まったく論理的な思考はなく、いきあたりばったりに、感情を撒き散らすのがなんともリアル。
この変な話を、観客がそのまま飲み込んでしまうのは、おたおたするばかりのこのキャラクターだからかなぁ。
 
キノコの成分がどうの、と、合理的な説明に着地するのではないかと何度か期待させるが、とにかく最後の一瞬まで、見ている方もなにがなにやらわからない。
ファン・ジョンミンのムダン(祈祷師)があまりに怪しすぎて、敵なんだか味方なんだかさっぱりわからないし、カク・ドウォンが右往左往するのと同じレベルで話につきあわざるを得ない。
この不安感がこの映画のキモだろう。
 
國村隼を見ると韓国の子供が泣く、と、冗談めいた話を聞いたが、子供にとっては悪魔めいた造形が怖いのだろうけど、大人が怖いのはそこではない。
やさしく、おだやかな声で、相手の言葉を繰り返す、その不気味さ。
変身しちゃうと、実はあんまり怖くない。
特殊メイクって、一歩間違うと子供っぽく滑稽になっちゃうから、加減が難しい。
あんなにはっきり見せないほうがよかったかも。

『お嬢さん』

映画
 
TOHOシネマズシャンテにて。
 
TOHOシネマズ系でやっているのだが、宇都宮では上映予定なし、と劇場に問合せたらはっきり言われ、もうしょうがないので東京で見た。
見巧者の友人がはまり、絶賛の嵐、ということで、期待は大きかったのだが、なにせ前の晩によく眠れなかったので、かなりくらくらした状態で見に行った。
 
実はこの映画が韓国でやっているときにちょうどソウルにいて、見ようかなーと思ったのだが、内容が複雑だと韓国語のヒヤリングが厳しいと思って見なかった。
なので、余計気になっていたんだよね。
結果からいうと、字幕なしで見ても理解できなかった可能性高いので、そのとき見なくてよかったと思う。
 
18禁なのだが満席。
若い女性もけっこう多い。
このへんはほんと東京だと思う田舎のネズミ。
 
一部、二部、三部と視点がかわり、そのたびに新しい事実が提示されるのだが、その前に「あれ?」と思った部分がきちんと回収されて、最後はかなりすっきり終わる。
パク・チャヌクにしては、わりと後味いいほうかも。
 
植民地時代の朝鮮の金持ちが、日本趣味と西洋趣味を思い切り表現して建てた家。そこがまずこの映画の見所だろう。
着物、ドレス、どれもきっちり表現として作られていて、衣装もすばらしい。
猥褻な稀覯本を朗読する秀子の、ものすごく誇張された日本髪も含めて。
 
日本人役(偽物も含めて)をすべて韓国人の俳優が演じていて、発音に難あり、とする意見も見受けられたが、わたしはほとんど気にならなかった。
朝鮮なまりの日本語は身近なものだからかも。
いちばん日本語が流暢であるべきムン・ソリは、確かにあの程度では問題なのかもしれないが、性器の名称をけろっと口に出すシーンを見ると、日本語ネイティブの役者であの味が出たかどうか。
 
ムン・ソリは出ているのをぜんぜん知らなかったので、登場した途端、あっと声を出しそうになった。
朝鮮の金持ちに買われる(妻ということだが、実態は道具)日本人妻がムン・ソリかー。
ただのお人形さんではなく、複雑な内面を感じさせる女優だから、とてもいい配役だ。
美しい姉(秀子の母)より若干容貌は落ちる、と自分自身を語るセリフが、成長した秀子が言うのとまったく同じ。
この家における役割も同じ。
とりすましたようで、どこかタガが外れているような言動も、相似形だ。
この繰り返しが、秀子のどこにも逃げ出せない状況を強調している。
 
元いた朝鮮人の妻を形式上は離縁して、日本人の妻を新たに迎えるが、家の中をとりしきるのは元の妻で、床もともにしている、というグロテスクな状況。
キム・ヘスクが、元妻の役を和服を着て無表情に演じるのだが、最初はただの使用人かと思っていたら、そのような事情があとで語られ、最初のころのシーンが頭によぎって、怖さ倍増である。
 
偽物ばかりが、三つ巴、四つ巴でだまし合う。
結局いちばん虐げられたものどうしが手を取り合うと、見事に逆転してしまう。
映画のストーリーはそういうことなんだけど、日本人と朝鮮人、金持ちと貧乏人、男と女、いろんな位相が複雑にねじれていて、ストーリーはそれを見せるためにあるような感じ。
 
支配階級である日本人になりきりたい朝鮮人の金持ちの上月(チョ・ジヌン)、日本人の伯爵になりすまし、金持ちの令嬢をものにしようというハ・ジョンウ、男たちは自分が演じていること、偽物であることに自覚的だ。
ちょっといかれた令嬢のふりをして脱出を画策する秀子(キム・ミニ)、泥棒で詐欺師であることを隠して、忠実な使用人を演じるスッキ(キム・テリ)、女たちはどこかはみ出した自分の状況をやすやすと受入れ、演技のはずが演技ではなくなってくる。
そりゃ、自分でも演じているのを忘れたほうが強いよね。
 

『アシュラ』

映画

asura-themovie.jp

↑自動で予告編が始まって音が出ます。注意。
 
 
宇都宮に来るのは6月ということで、すでに見た友人たちの話を指をくわえて聞くのもいやになったので、東京で見ることにした。
 
この日の昼間に、友人宅で『グッド・バッド・ウィアード』を楽しく見て、夜はこれなのでチョン・ウソン2本め。
 
直前まで『コクソン』とどっちを見るか迷っていたので、予約しようと思ったときには『コクソン』はすでに満席。
映画、それも韓国映画が混んでるということはほとんどない田舎に住んでると、こういうところが抜けている。
こっちも予約しようとしたら、最後の1席で一番前。
まあいいや、と予約したが、最初はどこに視線を定めていいかわからない感じだった。
そのうち、あまりの内容に見づらいのは忘れてしまったけど。
 
暴力と流血満載のコリアン・ノワール
 
もっとキツいのは、すべての人間関係で、互いに必死にマウントとりあうところ。
手下は手下で、少しでも上のものに取り入って、仲間より頭ひとつ出ようとし、ボスはボスで自分の手下を精神的にも肉体的にもちくちく痛めつけ、決して逆らえないように念を入れる。
すべてがこの連続だから、ほんとに息苦しい。
 
チョン・ウソン演じる主人公が、唯一そういう闘争をしなくていい相手は妻なのだけど、これも重病で余命いくばくもないという状態だから、かもしれない。
ボスの異母妹という設定だから、妻の方は夫に圧迫感与えまいと努めていても、元気なときはなかなかそうはいかないだろう。
 
ファン・ジョンミン 演じる、めっちゃわかりやすい悪徳政治家の顔いっぱいの笑顔とテンションの高さが、これでもかと強調されると、見ているほうもだんだん平常心を失って、この世界から逃れられないような気分になってしまう。
 
あがいてもあがいても、どこにも逃れられない。
肉体的な痛みよりそのほうがつらいかも。
 
おっさん俳優たち、皆よかったけど、出色だったのがチュ・ジフン(・・・は、まだおっさんじゃないか)。
ずいぶん体重を増やしてきていて、体の厚みが以前と違う。
小心さと、大胆さの入り交じったところ、いや、小心だからこそ、無茶やっちゃうという心理が、とてもよく表現されていた。
最後の「ほんとに撃つなんて」というセリフは、自分は結局撃つつもりなかったってことよね。
兄貴と慕うチョン・ウソンとの絆、そして、修羅の道に引きずり込まれたという恨み、これも複雑なんだけど、表情ではっきり目に見える。
役者としては、新境地、ってとこなんだろうけど、あの繊細な王子様はもういなくなっちゃったのね、と思うと、少しさびしくもあり。
 
夕方うっかりアイスコーヒーを飲んでしまったのと、この映画の地獄ぶりに神経をやられて、その夜は安眠できませんでした。

 

『グッド・バッド・ウィアード』

映画

www.kinenote.com

友人宅に映画好きが集まり、おいしい料理を楽しみながら、ビデオを写してわいわい語り合う。

映画自体は再見だったので、こういう見方もいいかも。

コメンタリーの内容にある、撮影裏話も教えてもらい、楽しめた。

やっぱりイ・ビョンホンのへんなヤツが最高かな。

韓国映画って、アクションものでも情念ドロドロが多いのだが、これは乾いた砂漠ほど突き抜けた人間関係が魅力。

『キングコング:髑髏島の巨神』

映画

wwws.warnerbros.co.jp

↑予告編が始まって音が出るので注意。

 
ひさしぶりの MOVIX にて。メンバーズカードもシステム変わったために失効してそのままだったんだけど、やっと作ったよ。
 
劇場で見るのを激しく推奨。
家庭の小さい画面とスピーカーだとおもしろさ半減どころか10分の1くらいになりそう。
 
巨大生物たちの肉弾戦!
人間はその足元をちょろちょろ逃げまどう!
 
というだけの話。
それで十分だし、あんまりごちゃごちゃしないほうがかえってよかったと思う。
 
コングと美女の心の通い合いは、この映画のお約束だから入れました、という感じ。
でも、ただのトロフィー的美女じゃなくて、仕事も冒険もばっちりという骨格のしっかりした雰囲気がステキ。
 
しかし、人間って超野蛮。
でもそのあたりは、ベトナム戦争で密林のなかでさんざんゲリラたちと戦ってきた米兵が、とりあえず自分たちの理解の埒外にあるものは攻撃する、という行動に出ても不自然じゃないので、うまく処理されている。
 
サミュエル・L・ジャクソン演じる隊長は、ベトナム戦争終結しちゃって憂鬱そうで、髑髏島に行けと命令を受けると喜んでるのがありあり。
戦場が自分の人生になってしまい、平時に戻っても適応できないってわかってるようだ。
だから、さっさと逃げればみんな助かりそうな場面でも、ひとりだけコングと戦うことを主張するという無理な行動に出るんだろうけど、この狂いぶりにこの伏線では、ちょっと弱いと感じた。わたしがなにか見落としてたのでなければ。
 
ただ殺される、というより、食べられる、ということが戦慄をさそうのはなぜだろう。
 
家族はみな殺されて、ひとり残ってしまったコングの孤独が出てるのがよかった。
とくに、ラスト近く、ふりかえるコングが男前でしびれた。
 

『モアナと伝説の海』

映画

 

www.disney.co.jp

 

 TOHOシネマズにて。

ほんとは字幕版が見たかったのだが、当地では吹替以外選択肢がない。
 
春休み中だったけど、案外空いていた。
近くに座った男子高校生3人組が、予告編やってる間中しゃべっていて、こいつらだいじょぶかーと思っていたのだが、開始直前に「始まったら静かにしろよ」とだれかが言い、それっきりおとなしくなった。ええ子やん、君ら。
ほかにも、幼い子の声が聞こえていたのだが、上映中はまったく静か。
たぶん見入っていたんだと思われる。
 
タイトルにある通り、この映画のもうひとつの主人公は海である。
千変万化の色や光が、スクリーンを埋め尽くす。
実に美しく、それを見るだけでも劇場に足を運んだかいがあるというものである。
しかも、なんかベロみたいな形になって、意思を伝えてくるし。
 
プリンセスじゃない主人公。
映画の中でも、セリフではっきり示されている。
体型もプリンセスらしい非現実的な細さじゃなくて、人間らしい丸みがある。
 
マウイとタトゥーとのやり取りが楽しい。
寂しがり屋のマウイが千年孤独でいる間に、タトゥーが動き出しちゃったのか、もともと神からの贈り物だから動いていたのか、そのへんはわからないけど。
 
最高なのは、ヤシの実の海賊。
大笑い。
これ、絶対マッドマックス意識してるでしょ。
物語の最初でも、ヤシの実を称える歌があるし、密かな人気者かもしれない。
 
お調子者でオレサマ男のマウイが、実は承認欲求こじらせてた、というのは、まあ、なくてもいい話かも知れないが、ここのところのディズニー・アニメの自分探し路線からいうと、当然入ってくるエピソードかな。
 
モアナも自分探しをするんだけど、どこか優等生くさい。
親との関係もなんだかなし崩し的に解決しちゃうし。
 
音楽はもうちょっと素朴な感じのほうが好みだけど、ポリネシアン風のディズニー映画音楽としては、悪くなかった。
しかし、ラストの加藤ミリヤは興ざめ。
日本独自の主題歌入れるって習慣、なんとかならないか。
 
夏木マリの婆役は、もう芸として完成してるなぁ。