読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

『海にかかる霧』

映画

www.umikiri-movie.com

・・・そして誰もいなくなった

というラストかと思いきや、主人公は生き残るわけだ。

いったい何人死んだんだ?

ラストは女が男を殺して、自分だけ上陸し韓国にとけこんで生きる、という話かと思ったが、そこまで陰惨ではなかった。というか、このラストでも十分陰惨だけど。

ユチョンは正直いなかものの船員には見えないんだけど、1人ぐらいは二枚目がいないと、まったく救いようがないもんねぇ。

キム・ユンソク、ムン・ソングン、キム・サンホなど、くせもの揃いのキャスティングだが、とくにイ・ヒジュンの狂いぶりがよかった。

「魔物か」と言われる密航者役のハン・イェリは、どこかで見た顔だと思ったら、『ハナ』に出てたのね。

ごちゃごちゃして匂いのしそうなぼろ船の描写がよかった。

Unextで視聴。