読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

『ローグワン/スター・ウォーズストーリー』

映画

starwars.disney.co.jp

新年一発目は華々しくスターウォーズから。

という意図はまるでなく、ほんとに見たかったのは、『ファンタスティック・ビースト』で、字幕版が1月5日終了なので、レディースデイに見られるのはきょうだけ、と予約しようとしたら、レイトショーのみしかやっていない。うちに帰るのは12時過ぎてしまうし、明日も仕事があるし。ということで、断念したのでした。

先週までは夕方5時頃から1回だったのになー。

 

でもせっかくだから、なにか見に行こうということで、選んだのがこれ。

 

やはり字幕版だったので、シネコンの中でも、小さいスクリーンだった。

 

予告編が終わると、横のカーテンが開いて、シネスコサイズで本編が始まる。そういうものだと思っていたのだが、スクリーンはビスタサイズのまま、上下に黒い帯が出た状態で本編が始まったのでした。

 

帰ってきて調べてみたら、どうも、最近のシネコンでは、そういう運用をしているみたい。

 

でも、そのときはそんなことはわからないし、なんかのミス? と思ってしまい、最初はなかなか集中できなかった。

 

そのせいかどうか、それとも疲れていたのか、始まってまもなくすごい眠気が襲ってきて、最初と最後のそれぞれ15分くらいしかまともに見ていなかった。

 

やせても枯れてもスターウォーズなので、そんなに退屈ということはなかったんだけどねー。

 

1970年台に想像したテクノロジーと、現代のテクノロジーの常識を、うまく融合させようと苦労してるねーという印象。

 

ドニーさんはよかったよ。