読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画を見た記録です。映画評ではなく、個人的な感想。
ネタバレは気にせずに書いていますので、未見の方はご注意ください。

韓国版のだめ『ネイル カンタービレ』

ドラマ

www.bsfuji.tv

Netflix で。
 
実はこれ、ずいぶん前に U-next だか Hulu だかで1話だけ見て、つまらないからこれ以上見る価値なし、と判断したものだった。
今回、Netflix でも、最初の3話くらい見たけど、やっぱりおもしろくない。
しばらく放置していたが、肩がこらずに軽く見られるものが見たいときに、ちょっとずつ見ていた。
クラシックの名曲のキャッチーな部分が次々出てくるのは楽しいしね。
わたしの好きなジャンルは、ドラマにしても映画にしても、どうも重すぎて、なにも考えずに気楽に見るのには向かないからねぇ。
 
結果としては、しりあがりによくなっていき、最後の方はかなりよくできた青春ドラマで、主人公たちの苦闘と成長がさわやかに描かれていた。
 
韓国でもあまり評判よくなかったらしいが、おもしろくなかった最大の原因は、最初の部分は、日本版の「のだめ」をただなぞっていたから。
チュウォンにしてもシム・ウンギョンにしても、別に悪くないのだが、玉木宏上野樹里と同じことをやったのでは、やはり及ばない。
 
とくに上野樹里
当たり役で、しばらく本人もこのイメージになってしまったくらいなので、とにかくキュート。
マンガならともかく、現実的に考えると、アホで身勝手なのだめがこんなに愛されるキャラになったのも、彼女が演じたからこそ。
 
原作では、美少女という設定はどこにもないし、劇中にそういう扱いもないけど、実際絵で見ると美少女の力はすごい。
いくら芝居がうまくても、シム・ウンギョンがやったのでは、ルックスが現実的なだけに、図々しさとアホっぽさばかりが目立つという結果になってしまった。
 
それと、チュウォンがそんなにハンサムとは、どうしても思えないんだけどなぁ。
背が高くてスタイルがいいし、オレサマ男役はよく似合っていたけど。
 
しかも、日本版ドラマは、殴られて飛んでっちゃうとか、原作を意識したコミカルな演出になってるのに、韓国版はそれがほとんどないので、なお現実的でつらい。
とくにシュトレーゼマンがちょっと変わり者だけど、ふつうのおっさんになっちゃってるからなぁ。
ペク・ユンシクが竹中直人ばりにはじければ、ルックスが端正なだけにおもしろかったんだろうけど、そういう意図はなかったようだ。
 
このドラマでの収穫は、パク・ポゴムを発見したこと。
痛みに耐えてる風情もよかったし、逆に、いきいきと指揮しているときの表情が実にチャーミングだった。
なぜあのシーンだけメガネをかけてたのかわからんけど。
ネイル(のだめ)をはさんで、ユジン(千秋)とライバルという設定で、ちくちくとユジンをいびったりするのだが、実はユジンとお互いに理解しあってるのよね。
 
あとよかったのは、美しい建物が並ぶロケ地。
あんなに練習室が広くて豪華な音大が実際にあるのかどうかはわかんないけど。
ユジンとネイルが住んでいるマンションも、非現実的なほど豪華でインテリアもステキでした。
原作では中華料理屋だった裏軒もおしゃれなカフェになってるし。
 
衣装も、学生たちは、音大に通ういい家の子、という感じのものが多く、かわいかったなぁ。
それと、理事長はじめマダム連中の豪華な衣装も見ものでした。